ファクタリングのデメリットを理解する

subpage-img

ファクタリングとは未回収の売掛金を現金化する方法の一つですが、資金繰りに苦労している企業にとっては助かるサービスです。
一般的に、企業間における取引ではすぐに支払いをするのではなく、掛け売りで取引をするのが普通です。

販売する企業にしますとこれは売掛金となりますが、売掛金を現金化することはとても重要です。


例えば、ある会社が仕事を受注して完了した状況のとき売掛金が発生していることになります。

ファクタリングに関する情報を紹介するサイトです。

そのときに別の会社に対して支払いが発生した場合、その支払いに困ることになります。そうしたときにファクタリングを利用して支払うべき現金を調達するのですが、問題は手数料が高いことです。


すぐに現金が必要ですから、その意味ではファクタリングはとても便利ですが、せっかく受注した仕事が安い金額で請け負ったことになってしまいます。
これがデメリットです。

確かに、すぐに現金化できることはメリットです。銀行などに融資を申し込みますと、審査がありますし実行するまでに時間がかかります。



それに比べてファクタリングはすぐに現金化できます。
また、財務的なメリットとして売掛金がなくなりますので貸借対照表がきれいになります。


対外的な信用を考えるときに貸借対照表がスリムになることは大きなメリットで信用力が増します。
ですが、手数料が銀行などの融資に比べますと高いのがデメリットです。



しかし、実際の経営の現場では「背に腹は代えられない」場面もあります。
メリットとデメリットの両方を理解したうえで利用することが大切です。

top