ファクタリングを行う方法

subpage-img

ファクタリングは売掛債権を売却して早期に現金化する方法ですが、2社間で行う方法と3社間で行う方法があります。


また売掛先が倒産した場合に専門業者が企業に対して償還請求できる場合が存在します。手数料は2社間契約の方が高く設定されています。

また償還請求権がない場合にも手数料は高くなります。
2社間でファクタリングを行う場合は企業と専門業者が当事者です。
企業は入金された売掛金を専門業者に支払う責任があるので信用力が問われます。専門業者もリスクが大きいため、手数料は売掛債権の10%から30%と高めです。

3社間でのファクタリングでは売掛先の承諾が必要です。

ファクタリングが今、話題になっています。

手数料は2社間契約よりも安く売掛債権の1%から5%とされます。


償還請求権のない3社間契約では企業が責任を負うことがなくなります。
企業は売掛先倒産のリスクを回避して早期に資金調達を行い信用力を高めることができます。償還請求権のない契約では専門業者が売掛先倒産のリスクを負うので手数料が高くなります。

ファクタリングは銀行などの金融機関からの融資と比較すると簡単な審査で迅速な資金調達ができる点に魅力があります。ファクタリングの審査では基本的に売掛先の信用力が重要とされます。



一方で償還請求権のない3社間契約以外では企業自身の信用力も問われることになります。


銀行など金融機関から融資を受けられない場合や早期に資金調達を行いたい場合には、企業自身の信用力が問われない償還請求権なしの3社間契約が有利です。



top