迅速に資金調達を行うならファクタリング

subpage-img

ファクタリングは売掛債権を売却して資金調達を行う方法です。
売掛債権を売却するので金融機関から融資を受けるのと異なり不動産などの担保を求められることはありません。
審査も簡単なので迅速に資金調達ができます。急な資金が必要な場合や経営の立て直しを図りたい場合に最適です。

ファクタリングの知りたかった情報がきっと見つかります。

金融機関から融資を受ける場合には企業の経営状態が審査されます。


しかし償還請求権のない3社間のファクタリングの場合には、売掛先の経営状態が審査され企業自身の経営状態が問われることはありません。

償還請求権は売掛債権を買い取る専門業者が、売掛先が倒産した場合に企業に対して責任を追及する権利です。ファクタリングには2社間で行うものと3社間で行うものがあり、基本的に2社間の方が手数料が高額です。
償還請求権がない場合には専門業者にとってリスクが大きくなるので手数料も高くなります。
基本的なファクタリングの手数料は2社間の場合が10%から30%で3社間の場合は1%から5%とされます。
売掛債権を譲渡すれば迅速に資金調達が可能ですが、時間的に余裕がある場合には金融機関から融資を受けた方がコストが安い場合もあります。
2社間で契約を行う場合には売掛先の関与はありません。売掛先から支払われた売掛金をさらに専門業者に支払います。



企業には倒産や債務不履行のリスクがあるので、企業自体の経営状態も審査されます。



3社間契約で償還請求権がない場合には、企業の経営状態が問われることなく安いコストで資金調達できます。


top